酵素ダイエットの正しい方法

酵素ダイエットの正しい方法

酵素ダイエットは、食事を酵素飲料に置き換えるという至ってシンプルな方法です。

半日から3日間にかけて、1日3食全ての食事を酵素飲料に置き換えるか、あるいは、1日3食のうち、1食から2食を置き換えるという方法があります。

1日3食全てを置き換える方法は、ファスティングとか断食とも言いまが、酵素ダイエットを終えてからすぐに普通食に戻すのではなく、回復食によって少しずつ胃腸の機能を取り戻す必要があります。

これは、期間中は、酵素飲料によって胃腸の機能を休めておりますが、終わった後、急に普通食に戻してしまうと、胃腸機能が正常に戻っていないために、胃痛などのトラブルを引き起こす可能性があるからです。

これを避けるため、胃腸に負担の掛けにくいおかゆなどの回復食から始めて、少しずつ具材を増やしたり形のあるものを食べることによって、徐々に消化機能を取り戻していき、普通食に戻していくことが大切です。

例えば、3日間ファスティングを行ったのであれば、少なくとも3日間以上はかけてゆっくりと普通食に戻していきましょう。これは、多少面倒な手順ですが、回復食を摂ることによって体のトラブル予防にも繋がりますし、リバウンドを防ぐことにも繋がります。

空腹だからと言って、終わった後にいきなりたくさん食べてしまうと、すぐに体重が元に戻ってしまい、空腹に耐えて酵素ダイエットを実践した意味が無くなってしまいます。

また、1日1食から2食に置き換える場合は、置き換える時間帯は自分で決めることができます。

夕食を酵素飲料に置き換える方法が、最も効果が期待できます。夕食は1日の中で摂取カロリーが多くなりがちですから、そこでカロリーを抑えることができれば、それだけ、体重にも反映されやすくなるからです。

どの方法を選ぶかは、自分のライフスタイルや目標に合わせて選んでみましょう。無理のない範囲で、しかも、継続しやすい方法を選ぶことが特に大切です。












 

サイトマップ