置き換えダイエットと便秘

置き換えダイエットと便秘

置き換えダイエットを行った多くの人が悩まされるのが便秘です。便を大腸に長い時間留めておくと、便に残る栄養を余分に吸収してしまうために、代謝が悪くなり、それが太る原因となります。

食物繊維は、腸内の便をやわらかくし、スムーズに便を移動させる働きがありますが、置き換えダイエットをしていると、どうしても、この食物繊維が不足しがちになります。

1日に必要な食物繊維は20g程度だと言われていますが、ダイエットをすることにより、この食物繊維が摂れなくなり、さらに、食事の量が減ることによって、排出されるものの量が減って便秘になります。

また、便通を良くする為には、乳酸菌や果物などに含まれる酵素が必要なのですが、置き換えダイエットでは、摂ることが出来ないものであるため、健康な腸内環境を保つためには、別に摂る必要があります。

さりとて、食物繊維を摂り過ぎると、便の水分が奪われて硬くなり、それが、便秘に繋がってしまうので注意が必要です。

また、ダイエット食品は錠剤やドリンク系のものが多いために、噛むという行為がありません。噛むことによって腸に刺激を与え、便通を良くすることに繋がるので、ダイエット食品だけに頼るのはオススメ出来ません。

便秘で悩まされている人は、繊維質の含まれる食品をしっかり食べ、身体も動かし、必要な水分をしっかり摂るように心がけましょう。

もぎたて生スムージーblank

 

サイトマップ