便秘とは

便秘とは

便秘とは、便が大腸内に長時間とどまって排便がスムーズに行われない状態で、便の量が少ない、あるいは、残便感があるなどの状態をいいます。

健康な人、すなわち、便秘でない人は、通常は1日から1日半に1回排便がありますが、人によっては2〜3日に1回、逆に1日に2〜3回という場合もあります。

便の量や回数には個人差があり、たとえ毎日便通がなくても、苦痛や残便感、腹部の張りがなければ便秘とは言いません。しかし、毎日便通があっても、苦痛や残便感がある場合は便秘とされます。

便秘の多くは、日常の生活習慣に問題があって起こるものですから、食事・運動・ストレスなどの生活面を見直したり、便秘薬を用いることで改善が期待できます。

その他、腸閉塞など腸管の病気を起こしていたり、腫瘍や妊娠などが原因で外側から腸を圧迫し便秘になる場合もあります。また、糖尿病など、他の病気の症状のひとつとして、便秘になることがあります。これらの場合は、医師または薬剤師に相談することをお勧めします。




 

サイトマップ