ダイエットにおける停滞期とは

ダイエットにおける停滞期とは

ダイエットに停滞期はつきものですが、この停滞期とは、食事の量を減らしたり、運動したりしているにも関わらず、体重が一時的に減らなくなる時期のことで、人間が本来持っている生命維持機能である「ホメオスタシス」によって起こるといわれています。

すなわち、体はエネルギー不足と判断すると、食べた物からの栄養吸収率を上げると同時に、体内のエネルギー消費量を下げることによって、少ない食べ物を効率的に利用できる体の状態に変化させようとします。

このため、人間の体が停滞期に入ると、食事量が減っても、あるいは、運動量が増えても、体重は変化しない(停滞する)ようになります。すなわち、身体の摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れている状態なのです。

この停滞期は、個人差はありますが、約1ヶ月といわれておりますが、消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れている状態が約1ヶ月も続くと、体のホメオスタシス効果がなくなってしまいます。

そして、停滞期を過ぎると、人間の体は以前のエネルギー量を消費する状態に戻ります。エネルギーが消費されやすい状態に戻るため、停滞期が過ぎると、次の停滞期まで体重は減っていきます。

ところが、停滞期中にダイエットを中止してしまうと、エネルギー消費量が少ない体の状態で、元の食事量に戻すことになるため、余分なエネルギーが脂肪として体に蓄積されてしまいます。つまり、ダイエット前よりも体重が増えてしまうのです。これがいわゆるリバウンドなのです。


 

サイトマップ